本文へ移動

昔の品種「夏橙」

夏橙(なつだいだい)

夏橙(なつだいだい)

夏橙
 時は、1700年頃。場所は、山口県の日本海側長門市仙崎町。その海岸に漂着した果実を、西本於長(おちょう)という童女が見つけ、その種をまいて育てたのが夏橙の始まりと言われています。
 原木は昭和2年に、史蹟名勝天然記念物に指定され現在も健全です。酸味が強いのでそのまま食べるには不向きですが、食酢の代用品として利用されてきました。酸っぱいと言っても皮や内袋には抗酸化、抗炎症、抗ウイルス等の作用のある“ナリンギン”や、ガン細胞の浸潤や転移を防ぐ効果のある“タンゲレチン”“ノピレチン”等6種類の「フラボノイド類」が含まれています。ペクチンやクエン酸、ビタミンCやβ-カロチンなどの機能性栄養分も含まれています。果皮は、マーマレードやゼリーにすると、爽やかな香りと、甘みと酸味と、ほろ苦さのマッチングを味わえます。
 
●保存方法
到着したらきれいな水で洗い、水気をやさしく拭き取ってください。ヘタの部分が完全に乾いたら冷蔵庫で保管してください。
注)ポリ袋等に数個まとめて密封するとかえって腐りやすくなります
 
旬の時期
2月頃~
傷が多少ありますが、問題なくお使いいただけます。
1kgあたり3~5個前後

「夏橙」 520円/1kg(税込価格) 

2018年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2019年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
赤は、レモン・ハート定休日
  • レモン・ハート 休業日
  • リモーネ・プラザ お休み
TOPへ戻る