本文へ移動

岩城島産「安政柑」

すご~く大きい柑橘!!安政柑(あんせいかん)

すご~く大きい柑橘!!安政柑(あんせいかん)

安政柑

江戸時代の安政年間に瀬戸内海の島で生まれた柑橘です。

時の元号「安政」から、安政柑と名付けられました。

地元ではお花見シーズンの、4月頃によく食べられています。

1玉の大きさが赤ちゃんの頭ぐらい、大きな柑橘です。

パラパラとほぐれる独特の果肉は、プチプチとした食感です。

淡黄色の果肉は、酸味が少なく、爽やかな甘さです。

果汁は少ないですが、ほろ苦いさっぱりとした風味が、
お花見日和の、暖かい春の日にお勧めです。

果肉を食べた後は、大きな果皮を砂糖煮にして、
ピールとしても、ご利用できます。

※多少の傷があります。予めご了承ください。

POINT
皮がとても分厚いので果実の胴回りに輪切り状の切り目を入れて上下のお椀を取るように剥くのがコツです。
取扱い期間
4月中旬~なくなり次第終了
1㎏あたり
1~2玉前後
保存方法
冷蔵庫の野菜室がお勧めです。
(直射日光を避け、高温多湿を避け、温度変化の少ないところで保管。)

有難うございました。完売しました。

当サイトでは利便性や品質向上のため、Cookieを使用することを推奨しています。
利用する場合は同意するを選択してください。同意をしない場合は、一部機能がご利用できません。 詳細はこちら

同意する

拒否する

TOPへ戻る